INFOBARC01約1年半使ってます!な、まとめ

  • 2013/05/14(火) 21:30:31

INFOBARC01を使い初めて、1年半(ぐらい)経ちました。
現在の状況をまとめてみます。


■環境
ほぼWifi環境下での使用。
ダブル定額の最低額2100円で運用中
(毎月割適用中のため2014/2まで。以降はダブル定額スーパーライトでの運用予定)

常時バックグラウンドデータ=OFF、3G=ON
3G通信が必要な状況は、外出先でのメール送受信程度。
3G通信量はだいたい月平均で150〜300KB。(ほぼパケ漏れ)
↑3G常時オンのため。3G常時オフだとここまで漏れないと思います。

■パケ漏れが起こる状況
3Gをオンにした時(1kb程度)
WIFI→3G切り替え時(1kb程度)
数日に1回ぐらいの割合で、WIFI使用時に突如一瞬だけ3G回線になる時がある。(理由は不明)
GooglePlayストアで支払い方法を選択時のパケ漏れは無くなりました。やった!

■iidaHomeについて
YouTube、トーク、マップ、ローカル、ニュースと天気、検索、Gmail、ナビ、音声検索は
ショートカット表示を消せない。

iidaHomeのアイコン表示数は上限があるため、かなり邪魔。
使わないので下の方にまとめて絶賛放置中。



1年半のまとめ
・GooglePlayストアで支払い方法を選択時のパケ漏れは無くなりました。やった!

・WIFI利用中に、たまに一瞬だけ3Gになる(すぐ戻るけど)のは何故なんだよー!

デフォルトのアラームの動作が不安定で使えないので、他の物を使うべき。

・"Soboku Apps"さんのアプリは、iidaホーム利用者向けのツールが多くて便利。

・電池はWIFIオフだと、スマホの割には意外と持つ。
GPS・バックグラウンドデータなども当然オフ、無駄なアプリは起動せずにメール程度の利用なら、朝出て家に帰る頃でもまだ70%ぐらい電池が残ってる。
ガンガン使うなら別途モバイルブースターなどは必須。基本的に毎日充電する必要がある。

・充電用にクレイドルは付けてほしかった。毎日の事なので地味にストレス。

・寝ころびながらネットが出来るのは便利。音量バーでスクロール出来るソフトを
多用してるため、ほぼ片手操作が出来て快適。

・WIFI環境がない所に行くときは、暇つぶし用に事前にオフラインで読める記事をDLしてます。
オフラインで出来るゲームなども入れてあるので、暇つぶしツールとしては問題なし。

・Eメールの内容をCメールに転送するサービスが終了してしまいました(´・ω・`)
ダブル定額スーパーライト運用になったら活用予定だったのに、がっかり。
(詳しくは2012/03/01の記事のコメント欄参照)

・まあ色々癖のあるスマホだけど、これからも愛用していきます。
ハードキー付のストレート型スマホが再び出ますように。。

----------------------------------------------
※記載の情報はあくまでも個人の記録であり、
利用の結果生じた損害について、一切責任を負いません。
くれぐれも自己責任でお願いします。



追記には、現在愛用中のアプリ一覧を載せています。

続きを読む

モバイルデータ通信オンでの運用

  • 2012/05/13(日) 08:56:00

先月は、モバイルデータ通信(3G回線)オンのままで運用してみました。
バックグラウンド通信は常時オフ、普段wi-fi通信がほとんどで、3G回線しか
使えない場所にいることは余り無い環境です。

請求金額はこんな感じ。
割引適用前通信料がなんと1478円。
意識的な3G通信はほとんど無い(メールぐらい)で、なおかつ
8割ぐらいはwi-fi環境にいるのに、これだけかかるんですね。

さすがAndroid。
そりゃ3G回線しか出来ない環境だと、OSの謎の通信だけでパケホ上限までいくわけだわ。
納得。

私はそんな仕様に納得が行かないので、上限までいかないように
とことん対抗します。

ちなみに強制的に3G通信が発生する状況と、通信料はだいたいこんな感じです。

モバイルデータ通信のオフ→オンへの切り替え・・切り替える毎1KBぐらいずつ

※以下の状況だと、wi-fiがオンでモバイルデータ通信オフでも、勝手に
3G通信しますので注意!


端末のアップデート・・通信料は無料なので特に問題無し。

Androidマーケットで、有料アプリ決済方法を選択する時・・2KBぐらい
(↑価格comにこの件のクチコミが載ってます)

auかんたん決済時・・1〜20KBぐらいだったはず

Eメール(@ezweb.ne.jp)のアドレス変更とメールフィルター設定
・・1ページ当たり10〜30KB
例えば指定受信リストの変更をする場合だと、
最初のページ(パケット通信の警告)→フィルター設定
→暗証番号記入→設定画面→指定受信リスト→変更までで約120KBかかります

wi-fi運用の人で、注意したいのは上記ぐらいだと思います。
メールフィルターの設定なんかは結構厳しい。
保険のため、ダブル定額スーパーライトぐらいは入っておいたほうがいいと思います。

まぁ今は毎月割+ダブル定額の人が多そうだから、その辺は
大丈夫そうですけどね。
(毎月割適用するためには、ダブル定額以上の定額コース契約が必須なため。)

そういえば、”メールの絵文字のスクロールがしづらい”という
不具合がこないだのアップデートで治ってました。
メーラーのもっさり具合もだいぶマシに。
あとはMENU・HOME・BACKキーの反応をもう少し鈍くしてくれたら
申し分ないんだけどなぁ。

今月の請求書。

  • 2012/03/09(金) 12:53:21

2月分の請求書通知が来ていたので、詳細をチェックしました。
初スマホの請求書にドキドキでしたが、こんな感じでした。

異様に安いのは、ダブル定額適用は3月からなのに、毎月割は2月から適用
されているためです。
私も一瞬自分の目を疑いましたがw

まぁ、パケット代がダブル定額スーパーライトの無料分から46円分超えた
だけなのがでかいとおもいます。
今月からはダブル定額なので、パケットの上限にも少しだけゆとりが出るので
ちょっと安心です。

3月分からは、
-------------------------------
プランSSシンプル 980円 ※誰でも割適用後の値段
WEB de 請求書 -20円
IS NET 315円
安心ケータイサポート 300円
ダブル定額 2100円
毎月割 -1562円 ※ダブル定額以上のプランに限り適用される
ユニバーサルサービス料 5円

合計2118円
-------------------------------
の予定です。

あと削れる部分といえば安心ケータイサポートぐらいですが、まあこれは
保険として残しておきたいのでこのままで。
毎月割の適用が終わる2年後には、ダブル定額スーパーライトに戻すので
160円ぐらい安くなる予定です。

ガラケーの時は、毎月の請求額が2,896円だったので、ちょっと安くなりました。
とはいえ、本体代が高いのでアレですが。
本体代はポイントで充当分が終わったら残りを一括で支払うつもりです。
利子などはかからないのですが、ローンってのがなんとなく気持ち悪いので。

ようやくスマホにも慣れてきたので、楽しくなって来ました。
元々パソコンも自作派でとことんカスタマイズしたいタイプなので、
Android機の設定をあれこれ触るのが楽しいです。
いつかroot化なんかもやってみたいなぁ。

ダブル定額スーパーライトで

  • 2012/03/01(木) 14:56:34

2/3にinfobar2(ガラケー)からinfobar C01(スマートフォン)に変えました。

その際、ダブル定額スーパーライトからダブル定額に変えたのですが、
なんと適用は来月(3月)からになるとの事。
初スマホだったので、2月はダブル定額スーパーライトの通信量上限まで
行ってしまうかと覚悟していたのですが、大丈夫でした。

2/1〜2/29までのパケット通信料金はこちら↓。

ダブル定額スーパーライト(税別372円。税込だと390円)の料金内には収まりませんでしたが、
46円超えただけで済みました!

・最初の数日はデータ通信(=3G回線)をOFFにしていなかった。
・Androidマーケットで購入した有料ソフトをauかんたん決済を使って決済した。
(※au決済は3G回線必須)
・Wi-Fi通信と3G回線の挙動を知るため、メールを3G回線で何度も送受信テストしていた。

そんな状況でしたが、思っていた以上にパケ代がかかりませんでした。

現在は、
・データ通信は常時OFF
・バックグラウンド通信はAndroidマーケット利用時のみ
・Eメールの送受信のほとんどはWi-Fi通信で済ませている

・3G回線下でのメールは"シュパッと"というツールで、Eメールの"連続実行ショートカット"を
作成し、送受信の瞬間のみEメールの"連続実行ショートカット"から送受信をしている。

つまり、Eメールは、
[普通のEメール] と、 [連続実行のEメール]の2つのショートカットを作成していて、
メール作成→一旦保存→"連続実行ショートカット"からメール送信
Cメール経由で受信通知→連続実行ショートカットからメール受信
という感じで運用しています。

データ通信(=3G回線)は常にオフですが、"連続実行ショートカット"を利用することにより
ソフトを起動している間のみ3G回線をオンにしています。
手動で3Gオンオフ出来るツールなどもありますが、これは自動でオンオフ出来るので
切り忘れ無くて済むのが便利です。

ショートカットはハードキーと画面にそれぞれ割り当ててあるので、
そんなにややこしい感じではないです。
まぁ、1日1〜2通しかやりとりをしない上、ほぼWi-Fiが使える環境にいるため、
3G回線時でのEメール送受信は月10回もないからなぁ。

あと、短文しか送らない身内などには、パケ代のかからないCメール(SMS)を
使えばいいですしね。
auの多くのスマホはデータ通信OFFでCメールの送信が不可なのですが、
幸いinfobar C01はデータ通信OFFでも大丈夫みたいですし。

そんなわけで、今月からはダブル定額に切り替わりましたが、
毎月割が切れる2年後にはまたダブル定額スーパーライトに戻しても
大丈夫そうです。

nicoWnnG IMEの導入と設定

  • 2012/02/19(日) 17:02:24

デフォルトのIMEの使い勝手がイマイチだったので色々と設定をしていたのですが、
どうもしっくりいかなかったので、別のIMEを入れてみました。
"nicoWnnG IME"という日本語入力IMEです。公式サイトはこちら

色々と設定し終わったのですが、ようやく納得のいく感じになりました。
写真左がnicoWnnG IME、写真右がデフォルトのIMEです。
デフォルトIMEへの感想を載せた以前の記事はこちら

一番違うのがDELキーの下・変換候補とソフトキーの間に空白が開いていること。(※要設定)
見た目は大差無いように見えますが、これで結構HOMEキーへの誤爆などが減ります。
あと、変換候補の画面を広げるボタンが大きいので押しやすいです。

それと、私は使ってないのですが、
ベル打ち・ベル打ちを拡張した2タッチ入力に対応しています。
当然フリック入力やソフトウェアフルキーボードなども対応しています。
詳しくは公式サイトを見るといいかと。

他にも細く設定が出来るので色々といじればいいのですが、これで満足しているので
もういいかな。

導入方法は、
1.公式サイトからapkファイルを落としてUSB経由でインストールするか、
Androidマーケットからダウンロードしてインストール。

2.[MENU]→[端末設定]→[言語とキーボード]→nicoWnnG IMEにチェック。

3.2と同じ所にある設定を好みでいじる。

4.使いたいソフト(メーラーなど)で文字入力画面にし、入力画面を長押ししたら
[入力方法]を選択して、nicoWnnG IMEを選ぶ。

INFOBAR C01は画面が小さい分、画面のタッチがしづらいので
変換候補などのサイズはなるべく大きめにしてあります。

文字入力まわりは地味にストレスだったので、その辺が解消されたのは
ちょっと嬉しいです。


追記は私のnicoWnnG IMEの設定を載せておきます。
記載以外はデフォルトだったはず。

続きを読む